FC2ブログ

福岡発!! 九州観光ガイド ~ブログ編~

福岡から九州の観光情報を発信します。メインサイト『福岡発!! 九州観光ガイド』の補助的ブログです。

〖益軒桜街道〗 in 飯塚市八木山

2020年春、新型コロナウイルスが猛威を振るっています
マスク なしでは外を歩けません

ウォーキングするにも、人とすれ違う確率の高い公園は嫌だな~~と考えている時に、八木山小学校の近くに枝垂れ桜の並木道があるのを思い出し、ウォーキングがてら出かける事にしました

国道201号線から八木山峠を越える山道を登り、八木山小学校へ。
八木山小学校付近から枝垂れ桜の並木があるのですが、この辺りには車を停めるところがなかったので、八木山農楽園の駐車場に車を停める事に。
八木山農楽園の駐車場の前には、桜並木用の臨時駐車場も設けてありました。

八木山農楽園で野菜を買って、歩いて桜並木へ。

残念ながら、もうかなり散っていました


👇 八木山小学校横辺り。
益軒桜街道 (1)
益軒桜街道 (1) posted by (C)furosky

写真は、八木山小学校のすぐ近く。
土地改良記念碑に並んで、千本桜植樹記念碑も立っています。

益軒桜街道 (2)
益軒桜街道 (2) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (3)
益軒桜街道 (3) posted by (C)furosky

八木山川沿いに枝垂れ桜の並木が続いています

益軒桜街道 (4)
益軒桜街道 (4) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (5)
益軒桜街道 (5) posted by (C)furosky

思った通り人もいないし、(だいぶ散ってしまっているからかも )、綺麗に舗装された遊歩道が続いているし、良いウォーキングコースでした

益軒桜街道 (6)
益軒桜街道 (6) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (7)
益軒桜街道 (7) posted by (C)furosky

この桜並木は、〖益軒桜街道〗 というらしい。
八木山ゆかりの学者『貝原益軒』にちなんで名づけられたそうです。

益軒桜街道 (8)
益軒桜街道 (8) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (9)
益軒桜街道 (9) posted by (C)furosky

桜並木には、貝原益軒が書いた『養生訓』の中の文章が立てられています。

益軒桜街道 (10)
益軒桜街道 (10) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (11)
益軒桜街道 (11) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (12)
益軒桜街道 (12) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (13)
益軒桜街道 (13) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (14)
益軒桜街道 (14) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (15)
益軒桜街道 (15) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (16)
益軒桜街道 (16) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (17)
益軒桜街道 (17) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (18)
益軒桜街道 (18) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (19)
益軒桜街道 (19) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (20)
益軒桜街道 (20) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (21)
益軒桜街道 (21) posted by (C)furosky

益軒桜街道 (22)
益軒桜街道 (22) posted by (C)furosky


✿✿✿ \ 福岡発!! 九州観光ガイド / ✿✿✿




スポンサーサイト



八木山 益軒桜街道 飯塚市 しだれ桜 枝垂れ桜

〖虎尾桜〗 in 田川郡福智町

今年2020年の初春は、コロナウイルスが猛威を振るっています Σ( ̄ロ ̄lll)
今日はとうとう、志村けんさんがコロナで入院というニュースを目にしました
そしてとうとう、福岡県内の患者数が9名になってしまった今、街中・人混みが怖いので、「そうだ、山へ桜を見に行こう」と思い立ちました。

ソメイヨシノはまだまだ咲き始め
何かないかな~と、ネットで開花情報を見てみると、福智町の 【虎尾桜】満開 だそう

虎尾桜は、エドヒガンという品種なので、少し早咲きなんですね。
そして、山の中腹に立つ一本桜 なので、コロナの恐怖もなさそうです

という訳で向かった、田川郡福智町上野(あがの)
10年ぶりに行きましたが、駐車場は昔より綺麗に整備されていました。

場所は、閉店してしまった〖あがの温泉 白糸の湯〗を目指して行くと良いですね。
 住所: 福岡県田川郡福智町上野1698

👇 駐車場側の福智山登山道のご案内
福知山登山道案内図
福知山登山道案内図 posted by (C)furosky

👇 駐車場には水汲み場もあります
上野越ルート駐車場 (1)
上野越ルート駐車場 (1) posted by (C)furosky

👇 駐車場の山桜も満開でした
上野越ルート駐車場 (2)
上野越ルート駐車場 (2) posted by (C)furosky

👇 福智町のエドヒガンの説明
上野越ルート駐車場 (3)
上野越ルート駐車場 (3) posted by (C)furosky

駐車場から福智山上野登山口まで350mくらい、坂道を歩きます。
そしてやっと、登山口へ到着

登山口に停まっているピンクの車はRKBラジオのもの。
他にめんたいワイドのカメラクルーも来ていました

👇 上野登山口
上野登山口 (1)
上野登山口 (1) posted by (C)furosky

👇 上野登山口の登山ルート案内
上野登山口 (2)
上野登山口 (2) posted by (C)furosky

さて、いよいよ登山道に入ります

👇 ここから登山道を上ります
上野登山口 (3)
上野登山口 (3) posted by (C)furosky

👇 椿もチラホラ残っています
上野登山口から虎尾桜を目指す (1)
上野登山口から虎尾桜を目指す (1) posted by (C)furosky

👇 福智山に上るには、八丁越えより上野越えの方が楽らしい
上野登山口から虎尾桜を目指す (2)
上野登山口から虎尾桜を目指す (2) posted by (C)furosky

👇 登山道にある「努根状」と名づけられた「スダジイの根」
上野登山口から虎尾桜を目指す (3)
上野登山口から虎尾桜を目指す (3) posted by (C)furosky

👇 「努根状」
上野登山口から虎尾桜を目指す (4)
上野登山口から虎尾桜を目指す (4) posted by (C)furosky

【努根状】岩上に芽生えたために根は真下に伸びることができず、土を求めて岩盤の表面を這い回るうち、このような姿になりました。生命のすごさを感じて欲しいものです。(写真の説明版より)




👇 登山道の横には沢が流れています
上野登山口から虎尾桜を目指す (5)
上野登山口から虎尾桜を目指す (5) posted by (C)furosky

登山口からひたすら真っすぐ進んで来ました。
ここで、横を流れている沢を渡ります。
要所には案内板が立っているので、迷う事はないですね。

👇 小さな小さなつり橋を渡る
上野登山口から虎尾桜を目指す (6)
上野登山口から虎尾桜を目指す (6) posted by (C)furosky

👇 登山道では様々な植物を見る事ができる
上野登山口から虎尾桜を目指す (7)
上野登山口から虎尾桜を目指す (7) posted by (C)furosky

👇 さあ、あと一息
上野登山口から虎尾桜を目指す (8)
上野登山口から虎尾桜を目指す (8) posted by (C)furosky

👇 最後は急勾配で足場も悪い
上野登山口から虎尾桜を目指す (9)
上野登山口から虎尾桜を目指す (9) posted by (C)furosky

👇 ピンクの桜が見えてきました
上野登山口から虎尾桜を目指す (10)
上野登山口から虎尾桜を目指す (10) posted by (C)furosky

👇 急勾配で足場が悪いので、ロープが張られている。ピンクの桜が見えて来ました
上野登山口から虎尾桜を目指す (11)
上野登山口から虎尾桜を目指す (11) posted by (C)furosky

途中、野草を見たり、写真を撮ったりで、ゆっくりゆっくりと登って約30分の道のりでした

さて、ご対面~~~

虎尾桜 (1)
虎尾桜 (1) posted by (C)furosky

虎尾桜 (2)
虎尾桜 (2) posted by (C)furosky

👇 RKBラジオのクルー。台本を読みながら虎尾桜が見えるところまで来ると、さっさと帰って行った。
虎尾桜(テレビやラジオのクルーも・・・)
虎尾桜(テレビやラジオのクルーも・・・) posted by (C)furosky

虎尾桜 (3)
虎尾桜 (3) posted by (C)furosky

虎尾桜 (4)
虎尾桜 (4) posted by (C)furosky

虎尾桜 (5)
虎尾桜 (5) posted by (C)furosky


虎尾桜は、エドヒガンという種類の桜で、高さ17m、胸高周囲3.8m、推定樹齢600年、県下最大のエドヒガンといわれています。
4月上旬に深紅色の花をつけ、満開時の景観は実に見事です。



虎尾桜 (6)
虎尾桜 (6) posted by (C)furosky

虎尾桜 (7)
虎尾桜 (7) posted by (C)furosky

虎尾桜 (8)
虎尾桜 (8) posted by (C)furosky

虎尾桜 (9)
虎尾桜 (9) posted by (C)furosky

虎尾桜 (10)
虎尾桜 (10) posted by (C)furosky

虎尾桜 (11)
虎尾桜 (11) posted by (C)furosky

虎尾桜 (12)
虎尾桜 (12) posted by (C)furosky

虎尾桜 (13)
虎尾桜 (13) posted by (C)furosky

虎尾桜 (14)
虎尾桜 (14) posted by (C)furosky

虎尾桜 (15)
虎尾桜 (15) posted by (C)furosky

虎尾桜 (16)
虎尾桜 (16) posted by (C)furosky

虎尾桜 (17)
虎尾桜 (17) posted by (C)furosky

虎尾桜 (18)
虎尾桜 (18) posted by (C)furosky

👇 老木なので沢山のワイヤーに支えられている
虎尾桜 (19)
虎尾桜 (19) posted by (C)furosky

虎尾桜 (20)
虎尾桜 (20) posted by (C)furosky

虎尾桜 (21)
虎尾桜 (21) posted by (C)furosky

虎尾桜 (22)
虎尾桜 (22) posted by (C)furosky

虎尾桜 (23)
虎尾桜 (23) posted by (C)furosky

虎尾桜 (24)
虎尾桜 (24) posted by (C)furosky

👇 古木の為、沢山のワイヤーで支えられている
虎尾桜 (25)
虎尾桜 (25) posted by (C)furosky

虎尾桜 (26)
虎尾桜 (26) posted by (C)furosky

虎尾桜 (27)
虎尾桜 (27) posted by (C)furosky

虎尾桜 (28)
虎尾桜 (28) posted by (C)furosky

虎尾桜 (29)
虎尾桜 (29) posted by (C)furosky

虎尾桜 (30)
虎尾桜 (30) posted by (C)furosky

虎尾桜 (31)
虎尾桜 (31) posted by (C)furosky

虎尾桜 (32)
虎尾桜 (32) posted by (C)furosky

虎尾桜 (33)
虎尾桜 (33) posted by (C)furosky


登山道を戻り、駐車場へと戻ります。
閉店した「白糸の湯」の辺りから、町並みが見えていました。

👇 白糸の湯前からの眺め
上野越ルート駐車場 (4)
上野越ルート駐車場 (4) posted by (C)furosky


👇 駐車場に戻ってきた
上野越ルート駐車場 (5)
上野越ルート駐車場 (5) posted by (C)furosky

👇 駐車場に立つ「上野八景」の案内
上野越ルート駐車場 (6)
上野越ルート駐車場 (6) posted by (C)furosky


┏✿━────────────────━━┓

  虎尾桜
  福岡県田川郡福智町上野1698(旧白糸の湯)

┗━━────────────────━✿┛



✿✿✿ \ 福岡発!! 九州観光ガイド / ✿✿✿



虎尾桜 福智町 福智町上野 エドヒガン

〖八木山花木園の梅〗 in 飯塚市八木山

2019年~2020年にかけての冬は、記録的な暖冬ですね~~
1月下旬から2月頭にかけて、平地の梅が綺麗に花を付けていて、今年は暖冬のせいで、咲くのが早いな~と思っていました。

梅を見に行きたいな~と思っていたところ、天候と休日の都合がなかなか合わず、2月20日にやっとお天気な暇日が巡って来ました。
平地の梅はもう遅いので、八木山花木園に行ってみることにしました

八木山の上の方だから、標高が高い分、梅がまだ咲いているかな~と期待を込めて・・・


ルートは、福岡市街地から飯塚市へと抜ける時に使う、国道201号線。
この201号線って、かつて有料道路だった八木山バイパスと、 八木山峠を越える峠道も201号と呼ぶからややこしい。

八木山花木園は、八木山峠の途中にあるので、峠を越える方の201号線を走行します。


福岡市街地から車を走らせると、篠栗町方面から八木山峠の峠道をくねくねと登り、登り詰めて平坦な直進道路を走りだすとすぐに、【八木山高原 研修センター、ユースホステル、青年の家】という道路標識が出ています。
その標識に従って、右折して下さい。

右折した突き当りには、『ようここそ 八木山高原へ』 と書かれた観光マップがありますので、そこを又右折します。
その観光マップにも、「八木山花木園→」という案内が書いてあるので、迷う事はないでしょう。

そこから真っすぐに進むと、林道に入る訳ですが、そこからも八木山花木園に行ける様です。
(案内板ではそのルートに矢印が出ていましたから)

今回、私は良く分かっていなくて、住所を頼りに、『皐月ゴルフ倶楽部 竜王コース』のゴルフ倶楽部へと入って行きました。
このゴルフクラブの駐車場から更に進むと、難なく 〖八木山花木園〗 へと辿り着きました。


八木山花木園 (1)
八木山花木園 (1) posted by (C)furosky

予想はしていましたが、人っ子一人いない、閑散とした場所でした
高原だけあって、景色は良い


八木山花木園 (2)
八木山花木園 (2) posted by (C)furosky

そしてそして・・・ 山の上の方だからと思って期待してきた梅ですが、平地と余り変わらないのか、もう殆ど終盤でした・・・

かろうじて残っていた梅の木をパチリ

八木山花木園 (3)
八木山花木園 (3) posted by (C)furosky

八木山花木園 (4)
八木山花木園 (4) posted by (C)furosky

園内には、梅の木は勿論ですが、桜の木も沢山ありましたよ
また桜の時期に来ようかな・・・

八木山花木園 (5)
八木山花木園 (5) posted by (C)furosky

かろうじて残っていた梅

八木山花木園 (6)
八木山花木園 (6) posted by (C)furosky

八木山花木園 (7)
八木山花木園 (7) posted by (C)furosky

八木山花木園 (8)
八木山花木園 (8) posted by (C)furosky

高原だけあって、開放感はある

八木山花木園 (9)
八木山花木園 (9) posted by (C)furosky

八木山花木園の駐車場らか向かい側を見ると、牛 ちゃんたちが沢山飼育されていました

〖八木山畜産飼育センター〗 です。

八木山花木園 (10) 八木山畜産センター
八木山花木園 (10) 八木山畜産センター posted by (C)furosky


┏❀━────────────────━━┓

  八木山花木園
  福岡県飯塚市八木山1310-46

┗━━────────────────━❀┛


┏━┳━┓
┃福┃発┃ \ 福岡発!! 九州観光ガイド / 
┗━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━



八木山花木園 飯塚市 八木山

〖ローズヒルあまがせ〗 in 大分県日田市天瀬町

大分県日田市天瀬町の〖ローズヒルあまがせ〗を訪れました

天瀬町の五馬(いつま)高原にある「天瀬農業公園(ローズヒルあまがせ)」には、
メインの施設である「ローズガーデン」の他にも、花見のできる「サクラ広場」や、「四季の森」、「産地形成促進施設(風の丘)」や「ふるさと資料館」などがあります。

バラを鑑賞できる「ローズガーデン」では、ガラスハウスの中と、中庭にバラが咲き誇っていました。

ローズヒルあまがせ (1)
ローズヒルあまがせ (1) posted by (C)furosky

春と秋のバラのシーズンには、バラフェアが開催されています。

ローズヒルあまがせ (2)
ローズヒルあまがせ (2) posted by (C)furosky

バラのアーチをくぐって、ガラスハウスへと向かいます。

ローズヒルあまがせ (3)
ローズヒルあまがせ (3) posted by (C)furosky

5月も末の方でしたので、もう盛りを過ぎているだろうな~と思っていましたが、まだまだ見応えがありましたょ

ローズヒルあまがせ (4)
ローズヒルあまがせ (4) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (5)
ローズヒルあまがせ (5) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (6)
ローズヒルあまがせ (6) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (7)
ローズヒルあまがせ (7) posted by (C)furosky

五馬高原とバラのアーチ✨

ローズヒルあまがせ (8)
ローズヒルあまがせ (8) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (9)
ローズヒルあまがせ (9) posted by (C)furosky

五馬高原とバラのアーチ✨

ローズヒルあまがせ (10)
ローズヒルあまがせ (10) posted by (C)furosky

ガラスハウスの入口で、入場料300円をお支払い。

ローズヒルあまがせ (11)
ローズヒルあまがせ (11) posted by (C)furosky

ガラスハウスの中はこんな感じ。

ローズヒルあまがせ (12)
ローズヒルあまがせ (12) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (13)
ローズヒルあまがせ (13) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (14)
ローズヒルあまがせ (14) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (15)
ローズヒルあまがせ (15) posted by (C)furosky

バラで作られたハート

ローズヒルあまがせ (16)
ローズヒルあまがせ (16) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (17)
ローズヒルあまがせ (17) posted by (C)furosky

中庭にも、ハートのカップルシート(?)がありました。

ローズヒルあまがせ (18)
ローズヒルあまがせ (18) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (19)
ローズヒルあまがせ (19) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (20)
ローズヒルあまがせ (20) posted by (C)furosky

バラの机と椅子

ローズヒルあまがせ (21)
ローズヒルあまがせ (21) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (22)
ローズヒルあまがせ (22) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (23)
ローズヒルあまがせ (23) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (24)
ローズヒルあまがせ (24) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (25)
ローズヒルあまがせ (25) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (26)
ローズヒルあまがせ (26) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (27)
ローズヒルあまがせ (27) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (28)
ローズヒルあまがせ (28) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (29)
ローズヒルあまがせ (29) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (30)
ローズヒルあまがせ (30) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (31)
ローズヒルあまがせ (31) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (32)
ローズヒルあまがせ (32) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (33)
ローズヒルあまがせ (33) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (34)
ローズヒルあまがせ (34) posted by (C)furosky

ローズヒルあまがせ (35)
ローズヒルあまがせ (35) posted by (C)furosky


┏🌹━────────────────━━┓

  ローズヒルあまがせ
  日田市天瀬町五馬市2384-3
  0973-57-8187

┗━━────────────────━🌹┛



┏━┳━┓
┃福┃発┃ \ 福岡発!! 九州観光ガイド / 
┗━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━





ローズヒルあまがせ 天瀬町 日田市天瀬町 天ヶ瀬

〖軍艦島上陸クルーズ ④ 軍艦島〗 in 長崎県長崎市

長崎市で、軍艦島クルーズに参加しています

〖軍艦島上陸クルーズ ① 出港~三菱重工長崎造船所~女神大橋~神ノ島教会~聖ミカエル天主堂〗
〖軍艦島上陸クルーズ ② 高島〗
〖軍艦島上陸クルーズ ③ 中ノ島〗
の続きです

やっとやっとやっと、軍艦島とご対面~~

軍艦島 (1)
軍艦島 (1) posted by (C)furosky

船が着岸できる桟橋に、別のツアー会社の船舶が停まっていますね。
軍艦島上陸ツアーは5つの会社が行っており(2019年現在)、離着岸できる桟橋は1つしかない事から、厳格に時間が決められているみたいです。

軍艦島に上陸して観光客が歩ける範囲は、安全性を考慮して限られた場所となっており、上陸時には見えない範囲を船上から見学します

この位置から軍艦島の周りを右方向にぐるりと一周します。

軍艦島 4:1 (1)
軍艦島 4:1 (1) posted by (C)furosky

マンモス団地の様な高層アパート群がはっきり見えて来ました。

軍艦島 4:1 (2)
軍艦島 4:1 (2) posted by (C)furosky

下の写真に写る建物ですが、高層アパートが2棟並んでいる様に見えます。
左側の高層アパートは、「端島小中学校」として使われていた建物。
そして右側の高層アパートは、この写真では分かりませんが、コの字型に建つ超巨大集合住宅で、鉱員の社宅として使われ、屋上には保育園がありました。
一番右端に写っている低い建物は、「端島病院」です。

軍艦島 4:1 (3)
軍艦島 4:1 (3) posted by (C)furosky

風雨に負けず、ほぼ完全な形で現存しているところが凄い

軍艦島 4:1 (4)
軍艦島 4:1 (4) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (5)
軍艦島 4:1 (5) posted by (C)furosky

上陸する桟橋を表と仮定すると、裏側に回ってきました。
逆光の為、写りが悪いですね~

軍艦島 4:1 (6)
軍艦島 4:1 (6) posted by (C)furosky

上の写真、建物上部の中央付近より、やや右寄りに、お社っぽい建物が写っていますよね。
端島神社の本殿です。
もともとは本殿と拝殿があったらしいのですが、拝殿は倒壊し、本殿のみが残っています。

端島は生活居住区に使える土地が限られていましたので、色々な物を屋上に造っていたんですね。

軍艦島 4:1 (7)
軍艦島 4:1 (7) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (8)
軍艦島 4:1 (8) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (9)
軍艦島 4:1 (9) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (10)
軍艦島 4:1 (10) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (11)
軍艦島 4:1 (11) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (12)
軍艦島 4:1 (12) posted by (C)furosky

この辺りが一番“軍艦”っぽく見えるかな~~

軍艦島 4:1 (13)
軍艦島 4:1 (13) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (14)
軍艦島 4:1 (14) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (15)
軍艦島 4:1 (15) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (16)
軍艦島 4:1 (16) posted by (C)furosky

軍艦島 4:1 (17)
軍艦島 4:1 (17) posted by (C)furosky



🚢・・・・・・・・・・・・・.。o○・・・・・・・・・・・・・🚢・・・・・・・・・・・・・.。o○


船上からの見学を終えて、いよいよ軍艦島へ上陸です

軍艦島 (44)
軍艦島 (44) posted by (C)furosky

👇 船上から写した軍艦島
軍艦島 (45)
軍艦島 (45) posted by (C)furosky

👇 いよいよ上陸です!!
軍艦島 (3)
軍艦島 (3) posted by (C)furosky

軍艦島 (4)
軍艦島 (4) posted by (C)furosky

目の前にそそり立つ、巨大なコンクリート。
時を止めたアパート群。
圧巻です

軍艦島 (5)
軍艦島 (5) posted by (C)furosky

👇 第一見学広場でガイドさんの説明を受ける。正面の崖上にあるのが「貯水槽」
軍艦島 (8)
軍艦島 (8) posted by (C)furosky

👇 第一見学広場から貯炭場やベルトコンベアなどの生産施設の跡が見える。
  その奥に見える鉄筋アパートは、端島小中学校として使われた建物。
軍艦島 (6)
軍艦島 (6) posted by (C)furosky

軍艦島 (9)
軍艦島 (9) posted by (C)furosky

軍艦島 (10)
軍艦島 (10) posted by (C)furosky

👇 四角い枠がドミノのように立ち並んでいるのが、貯炭ベルトコンベアーの支柱
軍艦島 (43)
軍艦島 (43) posted by (C)furosky

👇 ベルトコンベアーで石炭を運んでいた
軍艦島 (42)
軍艦島 (42) posted by (C)furosky

👇 崖の上に見えるアパートは「3号棟 社員住宅」 奥に見えるアパートは「70号棟 端島小中学校」
軍艦島 (11)
軍艦島 (11) posted by (C)furosky

👇 第一見学広場と見学通路
軍艦島 (39)
軍艦島 (39) posted by (C)furosky

第一見学広場の左手に目を移すと、「第二竪坑」跡があります。

👇 第一見学広場から写す
軍艦島 (7)
軍艦島 (7) posted by (C)furosky

👇 手前に写っている残骸が、第二竪坑跡。奥のアパートは、日本最古のRCアパート「30号棟 旧鉱員社宅」
軍艦島 (41)
軍艦島 (41) posted by (C)furosky

👇 第一見学広場
軍艦島 (40)
軍艦島 (40) posted by (C)furosky

第一見学広場から、見学通路にかけて見えるのが、「第二竪坑」跡です。
第二竪坑の施設自体は、殆ど倒壊していますが、第二竪坑に入坑する為に設けられた桟橋への昇降階段が残っています。

👇 第一見学広場と、第二竪坑跡
軍艦島 (13)
軍艦島 (13) posted by (C)furosky

👇 第二竪坑跡
軍艦島 (12)
軍艦島 (12) posted by (C)furosky

👇 第二竪坑坑口桟橋跡
軍艦島 (14)
軍艦島 (14) posted by (C)furosky

👇 第二竪坑坑口桟橋跡
軍艦島 (37)
軍艦島 (37) posted by (C)furosky

この階段を使って、炭鉱夫たちが竪坑に出入りしていたのですね。
坑内では危険と隣り合わせ。
この階段を歩くたびに命のありがたさを感じるため「命の階段」と呼ばれていたそうです。

軍艦島 (38)
軍艦島 (38) posted by (C)furosky

👇 炭鉱夫たちが上り下りした、第二竪坑坑口桟橋の階段
軍艦島 (17)
軍艦島 (17) posted by (C)furosky

軍艦島 (15)
軍艦島 (15) posted by (C)furosky

第二竪坑の隣に建つ、レンガ造りの建物は、「総合事務所」跡です。
総合事務所の中には炭鉱夫のための共同浴場等がありました。

👇 レンガ造りの遺構は、総合事務所跡
軍艦島 (18)
軍艦島 (18) posted by (C)furosky

このレンガ造りの建物「総合事務所」跡辺りに、第二見学広場があります。
ここでもガイドさんが説明をして下さいます。

軍艦島 (19)
軍艦島 (19) posted by (C)furosky

👇 総合事務所趾と、第二竪坑跡
軍艦島 (36)
軍艦島 (36) posted by (C)furosky

軍艦島 (20)
軍艦島 (20) posted by (C)furosky

軍艦島 (21)
軍艦島 (21) posted by (C)furosky

崖上にある灯台は、「肥前端島灯台」です。
端島(軍艦島)が無人島となった後、夜間に航行の障害になることから、1975年(昭和50年)に設置されました。

軍艦島 (22)
軍艦島 (22) posted by (C)furosky

軍艦島 (23)
軍艦島 (23) posted by (C)furosky

軍艦島 (46)
軍艦島 (46) posted by (C)furosky

👇 「天川工法」と呼ばれる伝統的な石組で組まれた護岸
軍艦島 (49)
軍艦島 (49) posted by (C)furosky

軍艦島 (32)
軍艦島 (32) posted by (C)furosky

軍艦島 (24)
軍艦島 (24) posted by (C)furosky

👇 灯台の手前に見えるのが、日本初の高層RC造アパート「30号棟」
軍艦島 (26)
軍艦島 (26) posted by (C)furosky

軍艦島 (25)
軍艦島 (25) posted by (C)furosky

軍艦島 (27)
軍艦島 (27) posted by (C)furosky

見学通路の行き止まり、第三見学広場へ着きました。
ここから見えるのが、国内最古の高層RC造(鉄筋コンクリート)アパート「30号棟 旧鉱員社宅」です。

👇 日本最初の高層RC造アパート「30号棟 旧鉱員社宅」(右)と、「31号棟 鉱員住宅」
軍艦島 (28)
軍艦島 (28) posted by (C)furosky

30号棟は、1916年(大正5年)に建設された日本初の鉄筋コンクリート造アパートです。
軍艦島には、様々な“日本初”があり、当時最先端の技術が集結していたのだなと感心させられます。

30号棟は、グラバー邸のトーマス・ブレーク・グラバーと関わりがあるという説があり、通称グラバーハウスと呼ばれています。

軍艦島に来てみてふと思ったのが、「ボタ山がないな~」という素朴な疑問でした。
炭鉱跡地にはボタ山があると思っていたからです。
実際、福岡市から最も近い炭鉱の遺構「旧志免鉱業所竪坑櫓」の近くにはボタ山がありますし、(イオンモール福岡のすぐ近くに見えます)、炭鉱で栄えた筑豊地区に行くと、飯塚市の遠賀川河川敷から飯塚市忠隈のボタ山が見えます。

“ボタ”とは、石炭や亜炭の採掘に伴い発生する捨石の事で、九州では“ボタ”と呼ばれますが、他では“ズリ”と呼ばれるそうです。
ボタ山とは石炭や亜炭の採掘に伴い発生する捨石(ボタ)の集積場です。

しかし、軍艦島にはボタ山がありません。
軍艦島はボタ(粗悪な炭)が少なく、日本一の品質の瀝青炭が採掘されていた事と、 離島ならではのボタを海中投棄していた事から、軍艦島にはボタ山がないようですね。

第三見学広場の横には、プールの跡もありました。

👇 プール跡
軍艦島 (47)
軍艦島 (47) posted by (C)furosky

👇 プール跡
軍艦島 (48)
軍艦島 (48) posted by (C)furosky


┏━┳━┓
┃福┃発┃ \ 福岡発!! 九州観光ガイド / 
┗━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━




軍艦島 端島 長崎市 端島炭鉱 炭鉱 世界遺産