プロフィール
タグクラウド
リンクツリー
お出かけ情報

『茶びん』 in 熊本県人吉市

先日、所用で人吉のホテルに素泊まりしました。
人吉は餃子が有名なので、雑誌で良く見る某有名店に行こうとしたのですが、不定休らしく、その日は生憎お休みでした。
ホテルに引き返し、どこか食事をするところはないかと尋ねたところ、強烈にプッシュされたのが、ここ『茶びん』でした。
地元の人は餃子を食べるならここに行くと言われ、自分も前日に訪れたのだと言われ、大プッシュされました。
そして、面白い名物おばちゃんがいるとのこと。
まぁそれなら行ってみようということで・・・

ガラッとドアを開けると、昭和レトロな狭い店内には、お客がぎっしり。
なんとか1席空いていたので、食事にありつけました。
座ってから見回すと、奥に座席があり、そちらも一杯でしたが、常連さんが結構騒いでいました。
手前はテーブル席なので、狭い店内だと思いましたが、合わせるとそこそこの人数が入るのかもしれません。

とにかく、餃子が美味しいと言われたし、人吉餃子も食べてみたいしで、餃子をオーダー。
他に焼き飯と、球磨焼酎もオーダーしました。

しかし、満席なのに、料理を作っているのはどうやら1人、給仕しているおばちゃんが1人の2人態勢。
お腹ペコペコで入った私は、ちょっと嫌な予感がしつつも、壁の有名人の写真などを見ながら待つことに・・・

茶びん②

TVのロケで来るくらいなら、味は安心なんでしょう・・・
小汚い昭和の匂いを残した食堂って、割と美味しい店が多いし・・・(勝手な持論です)

そんな事を考えながら、待ちます。
待ちまして、待ちまして・・・

おばちゃんが、取り敢えず焼酎を持って来ました。
このおばちゃんが、名物おばちゃんなの?
特に何も喋らないけどね。

待ちます・・・

おばちゃん、順番に作ってるからって、時間がかかってることに謝ってるけど。
焼酎だけ先に、そんなにグビグビ飲めないし・・・

やっと餃子が出てきました。

茶びん③

うーん、奥の餃子は結構な感じに焦げが入ってますけど・・・
ずっしり、ごろんとした餃子ですね。見るからに皮が厚そうです。

そのまましばし待つ・・・
だって焼き飯がまだなんだもん・・・
なかなか焼き飯が出てこないので、忘れてるのかと心配になって聞いてみると、順番に作ってるから、先に餃子を食べてて下さいって。
私、おかずはご飯と一緒に食べたいんです・・・

そしてそして、やっと焼き飯の御登場です。
かーなーりー、待ちました。

茶びん①

やっとご飯です、いただきまーす。

人吉餃子の予備知識がなかった私、『餃子』⇒『美味しいと評判の店』から連想すると、当然、噛んだら肉汁がジュワ~ッを期待(というか当然の流れと思っていた)したのですが・・・
なんか、普通の餃子と食感が違う・・・
肉の味がしない・・・???

不審に思いつつ、餃子の断面を見ると・・・
ニラ、ニラ、ニラ・・・∑( ̄ロ ̄|||)
ニラオンリー!?

かーなーりー、真剣に餃子の中身を凝視していたらしく、隣のおじちゃんに笑われました。

もしかしたら、お肉も入っていたのかもしれませんが、お肉の姿は見えない、お肉の味も感じない(涙)
薄皮パリパリ、お肉がジューシーな餃子が好きな私には・・・
人吉餃子、恐るべしです。

ニラは良い物を使ってるんでしょう。あれだけ大量に入っていて、ニラ臭さがなかったですし。
ご当地グルメですから、どこか変わってないとね。

焼き飯、卵スープは、普通の昭和レトロな食堂の味でした。

人吉餃子って、どこもこのスタイルなのかな???

スポンサーサイト

『万年山のミヤマキリシマ』 in 大分県玖珠郡玖珠町

今年は早い梅雨入りでした。
天気予報は雨のち曇りの予報でしたが、出発した時点では、福岡市では雨が止んでいましたので、丁度満開だという万年山のミヤマキリシマを見に行く事にしました。

万年山のミヤマキリシマはまだ見た事がなく、ネットの情報を頼りに、駐車場から徒歩20分程の位置にあるミヤマキリシマを見ようと出かけました。
勿論、登山をすればもっと沢山のミヤマキリシマが見れるらしいのですが・・・

玖珠に付いた時点では、雨はほとんど降っておらず、万年山へ向かって意気揚々。
しかし、山道を上るに従って、雨が降り出し、霧も出てきました。
山の上の方へ向かうのですから、霧があって当然です・・・

そんな天気にも関わらず、吉武台牧場駐車場には、登山者の車が何台も停まっていました。
皆さん、防寒着に帽子、登山用の杖(何て言うんだろう?)を持って準備万端。
そんな中、普通の服でトコトコ歩く私たち・・・

駐車場から歩き始めてすぐに、こんな石像が。
上に乗っている岩が、何とも物悲しい犬(?)、猿(?)の表情に見えて、面白い。
もしかしたら、本当に狛犬のつもりで乗せられた犬なのかな?

万年山~吉武台牧場から歩く(1)
万年山~吉武台牧場から歩く(1) posted by (C)furosky

道は広く舗装されているので、坂道ですが歩きやすいです。

万年山~吉武台牧場から歩く(2)チラホラと見えるミヤマキリシマ
万年山~吉武台牧場から歩く(2)チラホラと見えるミヤマキリシマ posted by (C)furosky

ミヤマキリシマもチラホラと咲いています。
まんじゅう石と名付けられた岩もあり、その辺りにはヒゴタイが植えてあると立札がありました。
沢山咲くなら、ヒゴタイも見に行きたいですね。

万年山~吉武台牧場から歩く(3)まんじゅう石
万年山~吉武台牧場から歩く(3)まんじゅう石 posted by (C)furosky

こんな舗装された道なので、天気が良ければ楽々歩けますね。
どこまで歩きやすい道なのかは分かりませんが・・・
しかし霧で、周りが全く見えません。残念です。

万年山~吉武台牧場から歩く(4)
万年山~吉武台牧場から歩く(4) posted by (C)furosky

15分くらい歩くと、ミヤマキリシマの表示がありました。
一番近い、ミヤマキリシマの群生地です。
表示の示す方へ牧草の中を進むと、ミヤマキリシマの群生地がありました。
霧が深かったので、表示がなければ分からなかったでしょう。

万年山~吉武台牧場から歩く(5)最初のミヤマキリシマ群生地
万年山~吉武台牧場から歩く(5)最初のミヤマキリシマ群生地 posted by (C)furosky

万年山~吉武台牧場から歩く(6)最初のミヤマキリシマ群生地
万年山~吉武台牧場から歩く(6)最初のミヤマキリシマ群生地 posted by (C)furosky

遠目では、霧のせいで良く見えません。
きっと上から見下ろす形でミヤマキリシマの群生が見えた筈なのに・・・

万年山~吉武台牧場から歩く(7)ミヤマキリシマ
万年山~吉武台牧場から歩く(7)ミヤマキリシマ posted by (C)furosky

満開との情報で見に行ったのですが、ここのミヤマキリシマは時期を少し過ぎていた様で、花がかなり落ちていました。

万年山~吉武台牧場から歩く(8)
万年山~吉武台牧場から歩く(8) posted by (C)furosky

もっと高い位置の群生地では、まだ満開なのかしら?

万年山~吉武台牧場から歩く(9)
万年山~吉武台牧場から歩く(9) posted by (C)furosky

万年山~吉武台牧場から歩く(10)
万年山~吉武台牧場から歩く(10) posted by (C)furosky

もうひとつ先の群生地までは行きたかったのですが、雨が強くなってきて、傘をさしていても雨と霧でびしょ濡れになり、6月というのに震える寒さで、慌てて引き返しました。

天気の良いときに、また絶対見に来たいなと思いました。

★ 福岡発!! 九州観光ガイド ★


◎もうすぐ父の日、プレゼントの用意はお済ですか?◎●今度のスカルプDは、髪の内側を満たし1本1本を丈夫にする●
乾燥、敏感肌に対応した薬用スカルプシャンプーがフルリニューアル。 頭皮環境を整えるのはもちろん、今度のスカルプDは、髪の内側から働きかけることで、1本1本を強く丈夫に!
CATEGORY:[季] それ以外の花
TAGS:
THEME:大分県情報 | GENRE:地域情報

『勝太郎食堂』 in 大分県別府市鉄輪

念願の、『勝太郎食堂』のおはぎです。
鉄輪は好きでここの前を何度となく通ってきたのですが、なぜか相性が悪く、閉まっていたり、売り切れていたりで食べる事の出来なかった、念願のおはぎです。

この日も、私が購入したのが最後のおはぎでした。
おばあちゃんが「後5個分しかないよ」とおっしゃるので、5個頂きましたが、その場でもち米にあんをのせ、くるくると手でこねると、まん丸いおはぎがあっという間に出来上がり・・・
プロフェッショナル!

勝太郎のおはぎ②

勝太郎のおはぎ③

早速、頂きま~す!
“美味しいおはぎ”との評判で期待していましたが、期待通りの美味しいおはぎで大満足でした。
美味しいというか、昔から食べていた、親戚のおばちゃんが作るような、素朴なおはぎです。
塩味が上手く効いていて、甘すぎずにさっぱりと、そしてあんこがべたつかず、大きいけどぺろりと食べてしまうおはぎでした。
シンプル・イズ・ザ・ベストですね。

食事も出来るので、今度はおはぎと一緒に食事も頂きたいですね。
こういうおばあちゃんの食堂って、きっと昔懐かしい味がするんだろうな・・・

勝太郎のおはぎ①

場所は、鉄輪のいでゆ坂、ヤングセンターから少し下辺りにあります。
おはぎは夕方前には売り切れるのかも。お早めに。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-
勝太郎食堂
大分県別府市風呂本2
0977-66-4748
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

★ 福岡発!! 九州観光ガイド ★



CATEGORY:[食事] 大分県
TAGS:
THEME:大分県情報 | GENRE:地域情報
カテゴリーツリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
by FC2