『首塚跡』 in 長崎県大村市

天文18(1549)年、日本にキリスト教が伝わりました。
大村では、領主大村純忠が日本初のキリシタン大名となったことから、領民の殆どがキリスト教に改宗しました。
しかし秀吉から徳川幕府の時代に禁教令が敷かれ、大村の領民も仏教への改宗を迫られました。

島原の乱から20年後の明暦3(1657)年、領内にはキリスト教信者は一人もいないと思われていましたが、郡村を中心として隠れてキリスト教を信仰していた人たちが発覚しました。
そして長崎奉行による、大村藩の潜伏キリシタンの捜索が行われました。

その結果、603人もの人が捕まりました。事件の中心が郡地区であったことから、「郡崩れ」と呼ばれています。
逮捕者のうち406人が打ち首となり、そのうち131人が放虎原で処刑されました。
信者の首は見せしめのため街道に面した獄門所に約1ヶ月間さらされました。
当時はキリシタンの妖術で首と胴がつながって復活することを恐れ、首と胴は別々の場所に埋められ、首塚、胴塚として伝えられています。

首塚跡
首塚跡 posted by (C)furosky


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*
首塚跡
長崎県大村市原口町
∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*

*+:。.。[[ 福岡発!! 九州観光ガイド ]] 。.。:+*
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://fukuokadeasobitai.blog110.fc2.com/tb.php/472-545e527f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99