FC2ブログ

〖三菱兵器 住吉トンネル工場(跡)〗 in 長崎県長崎市

長崎市の被爆遺構を散策しています

次に訪れたのは、〖三菱兵器 住吉トンネル工場(跡)〗 です。

三菱兵器住吉トンネル工場とは、第二次世界大戦末期に、三菱重工業株式会社長崎兵器製作所の疎開工場として、この場所から山を挟んで反対側の赤迫付近まで、並列した6本のトンネルが掘られ、交代勤務により24時間体制で魚雷部品の製造が行われた場所です。

👇 三菱兵器住吉トンネル工場跡入口
三菱兵器住吉トンネル工場 (1)
三菱兵器住吉トンネル工場 (1) posted by (C)furosky

場所は、デイリーヤマザキ長崎住吉町店というコンビニを目がけて行くと分かり易いです。
ちなみに駐車場はありません。

上の写真の道路の下に、トンネルが通っているんですね。

三菱兵器住吉トンネル工場 (2)
三菱兵器住吉トンネル工場 (2) posted by (C)furosky

1本のトンネルは、高さ約3m、幅約4.5m、長さ約300mあり、この6本のトンネルを総称して『三菱兵器住吉トンネル工場』と呼んでいます。

ただし、道路の拡張工事に伴い、3~6号トンネルの入口を壁で塞いでしまいましたので、現在見学が出来るのは、1号・2号の2本のトンネルのみとなっています。

三菱兵器住吉トンネル工場 (5)
三菱兵器住吉トンネル工場 (5) posted by (C)furosky

👇 現地案内板より。施工前の様子。6本のトンネルが見えている。(2007年8月当時)
2007年、整備前の三菱兵器住吉トンネル工場跡


《整備内容》

6本あるトンネルのうち、3号から6号までの4本は、住吉側の出入口を壁でふさいで保存し、1号、2号は、
内部の補強を行い、できるだけ現状を維持したまま保存しています。

6本のトンネルは、この保存整備を行う前から、入口部分がコンクリートで補強されていました。トンネル
内部は全てが補強されておらず、途中からは掘削されたままの岩肌になっています。

道路拡幅により将来の交通増加や大型車の通行が予想されるので、それに耐えうる安全な構造にすることと、
岩肌部分に手を加えない等、できるかぎり現状を損なわないようにすることを考慮して、補強を行いました。
トンネル入口より奥側約2mのところから、1号トンネルは隔壁がある約8mまで、2号トンネルは約20mのところ
までを厚さ約20cmのコンクリートで補強しています。なお、防犯および安全への配慮からトンネル入口には
防護柵を設置し、施錠しています。防護柵には人感センサーを取り付けており、防護柵の前の来場者を感知
してトンネル内を照らすようにしています。

2号トンネルでは、コンクリート舗装部分より奥にある岩肌部分まで照らしていますので、防護柵越しに見る
ことができます。




👇 現地案内板より。三菱兵器住吉トンネル工場跡周辺(2009年1月現在)
三菱兵器住吉トンネル工場跡

第二次世界大戦(太平洋戦争)末期、三菱重工業株式会社長崎兵器製作所(三菱兵器)の疎開工場として、
この場所(住吉付近)から山を挟んで反対側の赤迫付近まで、並列した6本のトンネルが掘られました。
1本のトンネルは、高さ約3m、幅約4.5m、長さ約300mあります。

トンネルの中には完成した部分から順次、米軍の空襲による被害を免れるため機械が運び込まれ、交代勤務
により24時間体制で魚雷部品の製造が行われました。

このトンネルを総称して、「三菱兵器住吉トンネル工場」と呼んでいます。

昭和20年(1945年)8月9日11時2分、長崎市松山町の上空で原子爆弾がさく裂しました。すざまじい熱線、
爆風、放射線は、長崎のまちを一瞬にして破壊しましたが、爆心地から約2.3km北側に位置するトンネル工場
自体は、大きな被害を免れました。しかしながら、トンネルの外で作業などをしていた人々をはじめ、多数
の方が亡くなったり、ひどいやけどや重い傷を負うことになりました。また、被爆直後には、三菱兵器大橋
荒城や近隣にあった作業員宿舎等から、トンネル内に多くの避難者がありました。

この「三菱兵器住吉トンネル工場」(跡)は、長崎市の被爆建造物等に登録されています。上部の道路拡幅
に伴い、関係方々のご協力を得て保存整備を行ない、原爆被爆当時の状況を伝え、戦争や核兵器の廃絶を
願い、平和を尊ぶ気持ちを大切にする場所として、安全面等に配慮して公開することといたしました。




👇 トンネル内部
三菱兵器住吉トンネル工場 (6)
三菱兵器住吉トンネル工場 (6) posted by (C)furosky

三菱兵器住吉トンネル工場 (7)
三菱兵器住吉トンネル工場 (7) posted by (C)furosky

👇 被爆当時にここで部品の生産が行われていた魚雷と同型のもの。全長5.25m、直径0.45m
三菱兵器住吉トンネル工場 (8)
三菱兵器住吉トンネル工場 (8) posted by (C)furosky

三菱兵器住吉トンネル工場 (9)
三菱兵器住吉トンネル工場 (9) posted by (C)furosky


詳しくは、↓コチラ↓をご覧ください。
福岡発!! 九州観光ガイド >> 三菱兵器住吉トンネル工場跡




スポンサーサイト



三菱兵器 住吉トンネル工場 住吉トンネル 長崎市

0 Comments

Leave a comment