FC2ブログ

〖軍艦島上陸クルーズ ③ 中ノ島〗 in 長崎県長崎市

長崎市で、軍艦島クルーズに参加しています

〖軍艦島上陸クルーズ ① 出港~三菱重工長崎造船所~女神大橋~神ノ島教会~聖ミカエル天主堂〗
〖軍艦島上陸クルーズ ② 高島〗
の続きです

船は高島を出発し、いよいよ軍艦島へ向かうのですが・・・

高島港を出港すると、すぐに2つの島が見えて来ます。
高島に近い、緑豊かな島が、〖中ノ島〗
そしてその奥に見える、緑のない島が、〖端島(軍艦島)〗 です。


👇 高島から出港すると、手前に中ノ島が見え、その奥に端島(軍艦島)が見える
中ノ島と端島
中ノ島と端島 posted by (C)furosky

中ノ島にも、かつては『中ノ島炭鉱』がありました。
しかし、中ノ島炭鉱は坑道からの出水の為、炭鉱としては短命で終わりました。
1879年(明治12年)に中ノ島で炭鉱の開発が始まったとされており、その後三菱に売却され本格的に開発が進んだものの、前述の坑道からの湧き水により操業停止、閉山は1893年(明治26年)ですので、炭鉱開発からたったの14年での閉山でした。

中ノ島
中ノ島 posted by (C)furosky

しかし、お隣の島、端島(軍艦島)は炭鉱で大いに賑わっていました。
その為、中ノ島は端島炭鉱を補う為の島へと変貌して行きました。

主に、端島(軍艦島)にないものが整備されていったのです。

端島(軍艦島)には、学校や病院、商店のほか、映画館やパチンコなどの娯楽施設もありました。
生活に必要な物は一通り何でも揃っている様に見えた軍艦島ですが、僅かに足りない物がありました。

それは、緑溢れる公園と、火葬場と墓地です。

軍艦島の人口は、最盛期の1960年(昭和35年)には5,267人の人口がおり、人口密度は83600人/km2と世界一を誇る程だったので、公園を造るスペースなんてなかったのでしょう。

中ノ島には桜が移植され、お花見も出来る様に整備されたり、海洋レジャーの場としても利用されました。
中ノ島水上公園が整備されてからは、遊歩道・展望台・遊具が設置されていました。

また火葬場と墓地(納骨堂)が造られました。
軍艦島には住宅が密集しているので、火葬場は造れなかったのでしょうね。
火葬場はレンガ造りで、現在もその遺構が残っている様です。

中ノ島 (2)
中ノ島 (2) posted by (C)furosky

今では無人島なので、勿論定期船などはなく、釣り人が訪れるだけという中ノ島。
それと廃墟マニアとかがたま~に訪れるのかも・・・

それでは、いよいよ軍艦島へ


┏━┳━┓
┃福┃発┃ \ 福岡発!! 九州観光ガイド / 
┗━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━



スポンサーサイト



軍艦島 長崎市 軍艦島クルーズ

0 Comments

Leave a comment