FC2ブログ

〖大公孫樹/口屋番所跡)〗 in 佐賀県西松浦郡有田町

佐賀県への Go To トラベル

丁度紅葉の季節です

有田町に国の天然記念物に指定された大イチョウがあると聞き、立ち寄ってみました。

有田皿山 泉山口屋番所 (1)
有田皿山 泉山口屋番所 (1) posted by (C)furosky

この 〖口屋番所跡〗 は、江戸時代に佐賀本藩によって、口屋番所が置かれた所です。

佐賀藩の役人が、陶石や焼き物の持ち出しなどを取り締まっていました。

有田皿山 泉山口屋番所 (2)
有田皿山 泉山口屋番所 (2) posted by (C)furosky

この〖口屋番所〗の奥に、大きなイチョウの木が見えています。

大公孫樹 (1)
大公孫樹 (1) posted by (C)furosky

イチョウの周りは、黄色い絨毯。

大公孫樹 (2)
大公孫樹 (2) posted by (C)furosky

大公孫樹 (6)
大公孫樹 (6) posted by (C)furosky

これが国の天然記念物に指定されている 〖大公孫樹〗 と呼ばれる大銀杏。
このイチョウの木は、〖泉山弁財天神社境内〗の境内にあります。

大公孫樹 (8)
大公孫樹 (8) posted by (C)furosky

 👇 泉山弁財天神社
大公孫樹 (7)
大公孫樹 (7) posted by (C)furosky

大公孫樹 (3)
大公孫樹 (3) posted by (C)furosky

大公孫樹の横には、この地区の公民館「泉山公民館」があります。

大公孫樹 (4)
大公孫樹 (4) posted by (C)furosky

大公孫樹 (5)
大公孫樹 (5) posted by (C)furosky

大公孫樹 (9)
大公孫樹 (9) posted by (C)furosky

まず、泉山弁天神社に参拝を

大公孫樹 (10)
大公孫樹 (10) posted by (C)furosky

大公孫樹 (12)
大公孫樹 (12) posted by (C)furosky

大公孫樹 (11)
大公孫樹 (11) posted by (C)furosky

この弁天神社の拝殿の奥20mの所に、「抱き大藤」と「夫婦楠」があるというので、行って見ます。

大公孫樹 (13)
大公孫樹 (13) posted by (C)furosky

大公孫樹を振り返りながら、この坂道を上がって行きます。

大公孫樹 (14)
大公孫樹 (14) posted by (C)furosky

すると・・・

大公孫樹 (15)
大公孫樹 (15) posted by (C)furosky

上の写真の、左側の楠に抱き着いているのが「抱き大藤」
右側の2本の楠が「夫婦楠」です。

 👇 夫婦楠
大公孫樹 (16)
大公孫樹 (16) posted by (C)furosky

この夫婦楠に巻き付いているのも、「抱き大藤」の蔓なのかな


大公孫樹 (17) 抱き大藤と夫婦楠
大公孫樹 (17) 抱き大藤と夫婦楠 posted by (C)furosky

大公孫樹 (18)
大公孫樹 (18) posted by (C)furosky

大公孫樹 (19)
大公孫樹 (19) posted by (C)furosky

大公孫樹 (20)
大公孫樹 (20) posted by (C)furosky

大公孫樹 (21)
大公孫樹 (21) posted by (C)furosky

大公孫樹 (22)
大公孫樹 (22) posted by (C)furosky

大公孫樹 (23)
大公孫樹 (23) posted by (C)furosky

大公孫樹
樹齢は推定で1000年。大きさは根回り約18m、高さ約40mあり、県下随一のイチョウの巨木である。
実はつけないが、毎年秋にはみごとに紅葉し、屋根の上にそびえ立つ姿が、遠くからも見られる。
1926年(大正15年)、国の天然記念物に指定された。
1828年(文政11年)の大火で有田の町は焼け尽くされたが、このイチョウの木に隣接する池田広孝家は何をまぬかがれて焼け残った唯一の木造建築物である。
池田家では、「イチョウの木は火を嫌い、大火の時に風をおこして火を寄せつけず、家を守ってくれた」と言い伝えられている。
1979年(昭和54年)、イチョウの木は町木に定められている。



大公孫樹 (24)
大公孫樹 (24) posted by (C)furosky

スポンサーサイト



大公孫樹 口屋番所 有田町 大銀杏 大イチョウ 有田の大イチョウ

0 Comments

Leave a comment